syojuyukie

Just another WordPress site

恋愛下手なあなたが女神になる為のステップ〜甘えられないというハードルを越える

約 5 分

こんにちは
恋愛アドバイザーのしょうじゅです。
甘えられないというハードルを越える

 

 

 

 

 

わたくし、
長年ジュエリーのお仕事をしているのですが、とかく女子と時間を過ごす時間が
長いのですね。

 

 

会社にお勤めをして
女性ばかりの職場に長年いるので
男性不在という環境の不自然さも
身をもって体験しているのであります。

 

世の中にはオトコとオンナが半分ずつ
いる訳だから
男性がいないというのもやはり
これは不自然で
百貨店の中でいうと
数少ないしかも全くいけてない
とっちゃんぼうやみたいな
社員さんが良く見えちゃったり
するんですわ

 

いやいやいや〜〜
それは、男性が枯渇しているだけだって〜〜

 

と突っ込みたくなることも
頻繁にあったりするのです。

 

 

で、です。
このような状況下で
極々普通に暮らしているとですね
出会いは皆無なわけです。

 

会社、全員女性
お客様、全員女性
取引先、女性ばかり

たまに来る男性は女性へのプレゼントを
選んでいるお方

 

みたいな環境なんですわ

 

社内に男性がいるなんてこた〜〜
なんてハッピーなんざんしょ
ってな具合になる訳です。

 

 

で、このような環境にいると

 

● 男性とどう接していいか分からない

 

● 何を話して良いか分からない

 

● 甘え方がとんと分からない

 

 

とほっておくとないない尽くし
分からない尽くしになってしまうのですよ。

 

で、何故このようになってしまうのか?

 

 

といいますと

アタマで正解を考えてるから
なのですが

 

恋愛というものは
感じるもの

コミュニケーションも感じることが
そのベース

考えて答えが出るものではないのです。

 

しかも、その上にこれらの状態は
ベクトルが相手に向いているのです。

 

 

自分が楽しい♡よりも

 

 

男性がどうしたら楽しめるか?

男性に何を話たら楽しんでもらえるか?

甘えるためにはどうしたら良いか?

 

全部、全部

男性の気持ち考えちゃってるんです。

 

そんなことは良いのです。

 

相手の気持ちなんて
所詮分からんのですし
考えたってそれは憶測に過ぎません。
そして、気持ちは変わりゆくもの

 

だからこそ
自分自身が楽しむことです。

 

乱暴に言えば相手の気持ちなんて
分からなくったっていいんです。
自分が楽しんでいれば
まわりも自然と楽しい空気になるもんです。

 

 

女性の
感じる度合いって

男性の比ではありません。

何かにつけ

 

 

女性を観察していますと

キャー可愛い♡

キャーステキ♡

何これ美味しい〜♡

 

と、始終感情を爆発させておりますが
こんな、男性は見たことない!

 

男性たちは
密かに心の中に小さな感情の波はあるものの

それをやすやすと他人には見せないのが
常なので、同性と同じ度合いの反応を
期待をしてはいかんのです。

 

 

そして男性は頼られる
甘えられるということで
その存在を承認される
気持ちを確認するという性質が
ありますから

 

ここはひとつ
男性の気持ちなんぞは考えずに
そのハードルを飛び越えて
甘えてしまえ!

 

と思うのです…

 

それでも

それが難しいのよ〜

というのであれば

 

小学生が漢字ドリルをやるかの如く
ここはスモールステップを踏んでいく

 

というのがオススメ

 

仕事においても
出来ないことはハードルを急にあげずに
スモールステップで
その成果を積んでいくというのが
基本。

 

そう、基本は一緒♡なのであります。

 

 

突然

 

カルティエのタンクを買って♡
(時計ネ)

クルーザー買って♡

ハワイ連れてって♡

 

と言ってもドン引きされることは予想されますが

 

お食事をご一緒している席で

『私、ビール頼んでもらっていい?』

 

 

とか

『ちょっと寒いから席変えて欲しいな』

とかとか

『今度、餃子の王将連れてってネ』

とか

まぁとにかく

ハードルは低く

 

え?

こんな低いハードルまたげるわ

何自分超えられないとか

思ってたのかしらん?

ってぐらい

簡単なことでご提案を繰り返す

 

これが甘えるためのコツであります。

 

この甘えるという課題

思っている以上に重要課題でありますので

この辺りは細分化して

お届けしたい!

 

 

 

多分、続きます。

 

 

Profile

syojuyukie
しょうじゅゆきえ。恋愛アドバイザー。

長年の高級宝飾の販売経験から、目の前のお客様の「こころの動き」「感情の動き」を観察し、独自の「しょうじゅ式女神論」を開発。

しょうじゅ式女神論により、8年間彼氏なし女子が2週間でデートに誘われ女子に変貌。気がつくとハイスペ男子とお付き合い開始。口コミで、相談がくるようになる。

はたらく頑張り女子に、べらべらアドバイスしていたら「女神のお茶会」と呼ばれるようなる。

今現在も、高級宝飾を売りながら、迷える女子たちにアドバイスをつづける。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)