syojuyukie

Just another WordPress site

モテる女子は知っている…モテる秘訣とその活用法

約 4 分

世の中には色々なタイプの女性がいらっしゃいますが、私のまわりを見回すと
実に色んな女子たちがいるのです。

 

モデルの女子や
キャバ嬢や
テレビ局の受付嬢
の他に起業をしてフリーで働いている方や
会社員
それから見えない物が見えるスピ系女子も

私としてはカオスのような人間関係が
実に面白いのだけれど

この多種多様な女子達を
大きく分類すると

感覚が強い右脳派の女子と
思考が強い左脳派の女子

この流派に分かれるのだけれど
もちろんどちらか一方ではなく
バランスの良い方もおられるとは思うのですが、

どちらかの傾向が強いからこそ
その多様さが生まれるのではないか
と思うのです。

で、右脳派は
モデルや
キャバ嬢
受付嬢など

思考よりも
その存在自体が生業となる職種に
就いているのだけれど
これがまた、左脳派女子にはない
モテるポイントがあるのですよね〜〜

 

そのモテるポイントとは?

 

 

 

そのポイントは

◆他人に甘える

 

実に甘えるのが上手いのです。

甘えられると男性は弱いものです。
だって、可愛いもん。
ちっさい子供に甘えられたら
なんかやってあげたくなるじゃないですか。

これ、思考が強い左脳派の方々には
抵抗があることとお見受けしております。

左脳派はご自身で頑張って出来てしまう
出来てきてしまったからこその
悲哀があるわけです。

でも、右脳派は感覚が強いが為に
現実的なことに弱いのですね。
文章が書けない
本が読めない
など稼ぐというフィールドでは
実に弱いのです。

だからこそ
自分1人で頑張らずに
自分に出来ないことは人の手を借りる
ことに抵抗がない。

で、です。

今日はここからが本題です。

はぁ?

甘えるだー?

甘えるとか舐めたこと言ってんじゃねー

むしずが走るわ!

と思った左脳派のあなたこそ

この甘えるを今後のタスクとして
是非取り入れて頂きたいのです。

特に男性に甘えることを
是非人生に取り入れて頂きたい。

パートナーでなくても構いません。

男性は実に優しく
社会でチカラを発揮するように
生まれてきているのですから

今ある便利で快適な世の中も
男性主導で作ってきたものだし、
その有り余る能力を引き出すのが
女性のお役目ぐらいに考えて
お力をお借りしたら良いのです。

甘えるということを=媚びる

と脳内変換してしまっているようなら
実にもったいない

大人だからこそ
精神的な自立あってこその甘えは
自己信頼とそれに伴う他者信頼が
なくては出来ないもの。

それは、世界を信頼するってぐらいに
実は大きなことなのではなかろうか
と思うのです。

あなたが出来ないことに
チカラを貸してくれる
男性はそこかしこにいますのですよ。

例えば、
毎日集荷に来てくれる
ヤマト便のお兄さんや

いつも行くショップのお兄さんとか

カフェのイケメン店員さんとか

同じ年の取引先の担当者さんとか

あなたの為にやってくれてること
沢山あるのではないかな?

例えば先週のことで言うと

ヤマト便のお兄さんは
髪型が変わったら褒めてくれるし

ショップの店員のお兄さんは
スクショが分からんと言ったら
設定してくれたし

カフェのイケメン店員さんは
1人でご飯食べてたら
笑顔でサーブしてくれたし

先ずは身近にいる男性の優しさに
気付こうよって話です。

大体男性のみなさまは言葉より
行動で示して下さいますので
その行動を観察してみると良いかと
思います。

男性の優しさが目に入ってくると
あー、お願いしても良いのだなー
と気軽にお願いできるようになるものです。

左脳女子のみなさまも
甘え
取り入れてモテる女子になって
みようじゃないですか

それでは、今日はこの辺で♡

それでもやっぱり甘えるなんて

難しいと思ったら

個別のご相談へどうぞ

提供サービス一覧

コミュニケーションの専門家
恋愛アドバイザーのしょうじゅゆきえ

 

 

Profile

syojuyukie
しょうじゅゆきえ。恋愛アドバイザー。

長年の高級宝飾の販売経験から、目の前のお客様の「こころの動き」「感情の動き」を観察し、独自の「しょうじゅ式女神論」を開発。

しょうじゅ式女神論により、8年間彼氏なし女子が2週間でデートに誘われ女子に変貌。気がつくとハイスペ男子とお付き合い開始。口コミで、相談がくるようになる。

はたらく頑張り女子に、べらべらアドバイスしていたら「女神のお茶会」と呼ばれるようなる。

今現在も、高級宝飾を売りながら、迷える女子たちにアドバイスをつづける。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)