syojuyukie

Just another WordPress site

浜辺女が浜辺を脱出する方法

約 5 分

 

浜辺女はおそらく日本に100万人ぐらいいると思うのだけれども、あ、私浜辺女子だわと気づきづらいのが難点で故にこじらせやすいという特徴があったりする。

はて?

浜辺女子とは?

ってことなのだけれど、恋愛を大海原に例えるとすると、まだ海に入ったことがなく波打際でいつまでもパシャパシャしており、要はまだ相手とのコミュニケーションい踏み出していない状態の女子ということなのだけど

 

でね、この浜辺女子はなぜに海に出れないのか?

浜辺にいるわけだからさ、海はもう目の前なのだよね

でも、踏み出せない。

海に入ったら、タヒチの海で透明な陽に照らされながら色とりどりのお魚と戯れられるかもしれないのに。。。だ

恋愛でいうならば、優しいイケメンでハイスペックの男性に心底惚れられ、大切にされるってこと(まあ、イケメンでもハイスペックでなくてもいいんだけれど総じて人気の高い感じとしてみました)

 

でも、浜辺女はこう考える

だって、クラゲがいるんでしょ、刺されるかもしれないよ。得体の知れない魚がもしかしたら毒を持っているかもしれないし、でっかいサメに食べられるかもしれないし

 

そう、その特徴は、

まだ起きてもいないことに、不安と恐怖で怯えているということだ

サメもクラゲも得体の知れない魚にもまだ出会っていないのだ

いわば、妄想

 

浜辺女はこの妄想状態、いわば不安と恐れの妄想状態にいるのだ

 

不安と恐れの妄想状態にいたら、まあ現実もそうなる

それが現実化するのだから、タヒチの海なんて夢のまた夢

同じ海でもその頭の中に存在する海は恐れと不安でいっぱいの海なのだ

 

で、浜辺女はサメやクラゲや得体の知れない魚を信じている女と仲が良い。

 

だから女子同士で固まっていい男がいないとか、いい出会いがないとか、ろくな男がいないとかって話からはじまり

だから、サメやクラゲが自分たちに危害を加えてくるんじゃないか?

例えばこうだ!

『こないだ出会った人マジありえないんだけど〜〜、初デートで居酒屋 馬力よー。マジないわ〜〜』

『いまどき方にニットかけてる人とか見たことないわ〜、マジ石田純一じゃないっつーの』

…とこんな具合。

 

いやいやいや

ちょっと待て!

待ってくれ!そこの浜辺女よ

その場末の居酒屋に連れて行ってくれた彼はちょーぜつ優しくあなたを大切にしてくれるかもしれないし、

 

肩にニットをかけている男だって

あなたの魅力を存分に引き出してくれるかもしれないのだ、

いい男がいないというあなたの目が

目の前の男を残念な感じに移しているだけなのだ!

 

サメだって妄想なのだ!

 

タヒチの海だって、サメやクラゲがいるかもしれんが、

本当は入ってみなけりゃわからない

浜辺にいたらばどちらも経験などできないのだもの

 

私まだ、浜辺だわん!とあなたがチラッとでも思ったならば

安心してほしい

脱出方法はちゃんとある。

 

 

簡単だ!!

タヒチの海を知っている人に話を聞けば良い

 

幸せな恋愛や結婚をしている人に聞くのが早いってことね

 

回りくどい、つーことはさて置き

 

あなたの考えている現実とタヒチの海を知っている人の現実では

おそらく100万倍何かが違う

その何かはあなたが信じていることによって違う

 

そしてあなたが信じていることとはタヒチの海を知っている人は180度違うかもしれない

でも確実に、何かが変わる

妄想から現実へ

 

ズルしたっていい、

今からオリンピック出るわけじゃなし

朝練やって、死ぬほど練習して

自分を律して責めることなんてないのだ!

 

発泡スチールのビート板だって浮き輪だっていいなんだって使ってズルすりゃいいのだ!

 

あ、クルーザーが来たのなら

クルーザーに乗っちゃえばいいのだ!

 

そうやって、怖かった海が楽しい海に変わるとき海の魅力に気づいたならば浜辺から海へ泳ぎ出してるかもしれない

 

来年こそは浜辺女を脱出したい!

って方は、こちらでお待ちしておりますわよ〜

 

恋愛個別相談 はこちら

提供サービス一覧

 

 

 

 

 

 

 

Profile

syojuyukie
しょうじゅゆきえ。恋愛アドバイザー。

長年の高級宝飾の販売経験から、目の前のお客様の「こころの動き」「感情の動き」を観察し、独自の「しょうじゅ式女神論」を開発。

しょうじゅ式女神論により、8年間彼氏なし女子が2週間でデートに誘われ女子に変貌。気がつくとハイスペ男子とお付き合い開始。口コミで、相談がくるようになる。

はたらく頑張り女子に、べらべらアドバイスしていたら「女神のお茶会」と呼ばれるようなる。

今現在も、高級宝飾を売りながら、迷える女子たちにアドバイスをつづける。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)