syojuyukie

Just another WordPress site

【恋の法則②】あなたに恋の出会いがたくさんやってくる方法〜出会いには扉があるんだよ

約 5 分

恋が始まるにはルールがあるんだよ

というテーマでお届けしてます。

恋が始まらないという方

恋には始まる前のステップがあるのです。

突然始まる訳ではなく、こころの準備期間なるものがあるのです。

 

いわばビジネスはそれまでの下準備が命と言われますが、恋も同じこと。

 

なので、恋の始まりまでを3ステップでお届けしてるのです。今日はその2です。

 

 

出逢いの扉』についてです。

恋愛相談に乗っていると出会いがないとか好きな人ができないとか

婚活が上手くいかないという方と多く出会います。

 

 

これ、まだなーんも始まってない状態で同じとこぐるぐるしちゃってるんです。

何故なら、恋の始まり方を知らないからです。恋愛にもちゃんとルールがあります。

 

 

でも、目に見えないし学校でもビジネスの世界にいてもだーれも教えてくれなかったからあなたが知らなかっただけなのです。

 

先ずは、

『そかそか、ルールがあるんやねーんじゃそれわかれば私でも大丈夫?』

 

はい!

大丈夫です。

OKです。

では行きましょう

 

で、その前にはい こちら

恋愛の始まりには目に見えないルールがあるよ その1

読んだら戻ってきてね♡

恋の始まりには目に見えないルールがあるのだね。恋の始まりルールその1

 

 

あ、それでは話を戻しますね。

今日は、出逢いの扉とは何か?という話

出会いがないというときに

これ、男性側にいい男がいないと思ってしまいますが、違います。

 

いい男はいるのです。

 

いるのですけれど、自分自身が閉じている状態だと出会いにならないんです。

 

そもそも、出会いが欲しいと言っておきながら

閉じているとどういうことななるかというと、イベントに同性から誘われても断る。男性に声をかけられても断る。男性にデートに誘われていても断る。

と、こんな感じになってます。

そうです。全部断っています。

 

 

で、自分でその状態に気がついていません。

例えばこんな感じです。

城の中に住んでいる姫が晩餐会にも出ないで、城にも人を招待しない。

え?それじゃあ誰も会えませんやん。

 

とこんな感じです。

 

晩餐会で出会うのか、森で散歩して出会うのか?

はたまた、街に繰り出して出会うのか?

はわかりませんが、

姫の住んでいる城の入り口にはがっつり鍵がかかっていて

自分でも鍵かけたこと忘れちゃって、誰も訪ねてこないわね〜

みたいになっているのです。

そうすると

どんなに絶世の美女が城の中にいても

誰にも知られることはないのです。

 

 

え?どこから入ったらいいんすか?

入り口ないっすよ!てな具合です。

出会いは人を通じてやってきますから

あなたがいいと思う男性が

突然目の前に現れる以外の方法だってごまんとあるのです。

出会いの手前で、断ち切っているってことないですか?

例えば、あなたが地元のお友達にバーベキューに誘われたとしましょう。

知っている人が少ないからと断ったりしていませんか?

何も婚活イベントに行かなくても、お友達つながりでしたら気が合う人と知り合う可能性も高いのです。

 

例え、その場に意中の彼がいなくても共通の趣味の方がいるかもしれませんし、そこから出会いがつながる可能性は高いのです。

 

人が人を連れてきますから

出会いはどこでつながるかわかりませんぞ

 

 

あら、何?

私がモテないんじゃなくて閉じてただけ?

じゃあ、自分が原因ってことは変えられるってことね。

 

イェーーーース!!

 

というわけで、まとめです。

まとめ

出会いには扉があるんだよ。

出会いがないなら扉を閉じていたのは自分だと

気がつくこと。

お誘いを断っていたら、出会いにはつながっていかないよ

理想の彼を待つのではなく

先ずはあなたの元に

舞い込んできたお誘いにはひらっと

のってみて!

 

次回は

 

恋が始まりずらい女子が何故出会いの扉が開いていないのか?

理由がわかれば、自然と扉も開いていきます!!!

 

すぐに扉を開きたいわん♡という方は、こちらでお待ちしています。

提供サービス一覧

 

 

Profile

syojuyukie
しょうじゅゆきえ。恋愛アドバイザー。

長年の高級宝飾の販売経験から、目の前のお客様の「こころの動き」「感情の動き」を観察し、独自の「しょうじゅ式女神論」を開発。

しょうじゅ式女神論により、8年間彼氏なし女子が2週間でデートに誘われ女子に変貌。気がつくとハイスペ男子とお付き合い開始。口コミで、相談がくるようになる。

はたらく頑張り女子に、べらべらアドバイスしていたら「女神のお茶会」と呼ばれるようなる。

今現在も、高級宝飾を売りながら、迷える女子たちにアドバイスをつづける。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)